就業規則の作成・変更

就業規則は、会社の重要なルールブックです。

それ故に、労働基準法が定めている最低限の基準をクリアしつつ、その会社の実情に見合った独自の就業規則を作成することが重要です。

独自の就業規則を作成するメリットとは?

次のような効果が期待できます。

  • 労使トラブル発生の防止!
  • 労使トラブル解決の指針!
  • 社員のモチベーションUP!
  • 社員の離職抑制
  • 安定した事業運営

就業規則が整備されている職場は、社内の透明性が確保されます。
この社内の透明性は、社員のモチベーションUPをもたらし、会社の飛躍発展にも繋がります

インターネットや市販の就業規則をコピーして貼り付けだけの内容では、本当の意味で就業規則が整備されているとはいえません。

会社ごとに見合った内容となって、初めて就業規則というルールブックが整備されたことになります。

就業規則の変更とは?

会社を取り巻く労働法制は、日々変化しています。

労働基準法をはじめとする労働諸法令が改正された場合、会社の就業規則も新しく改正された法令内容に適合させるために変更をしなければなりません。

このような場合、法令が改正された趣旨や背景を十分に理解し、社内整備に努めることは企業の社会的責任(CSR)ともいえます。